2016年TOYOTA GAZOO Racing活動計画発表!

2016年2月4日、トヨタ自動車は東京・お台場のMEGA WEBにて、2016年度のモータースポーツ活動計画発表会を行った。(2月6日加筆・修正)

「トヨタはモータースポーツ活動を、クルマの持つ「夢」、「感動」をユーザーにもたらす大切なものであると位置づけ、"TOYOTA GAZOO Racing"の名のもとに、「もっといいクルマづくり」に向け、人とクルマを鍛える活動に取り組むとともに、クルマファン層を広げる活動まで、一貫して取り組んでいる」という。

会場には2017年にWRC(世界ラリー選手権)にトヨタとして復活を予定しているヤリス(写真上/日本名:ヴィッツ)ベースの開発中車両をはじめ、"TOYOTA GAZOO Racing"として参戦するWEC(世界耐久選手権)、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリー選手権の各マシン、スーパーGT、スーパーフォーミュラ、そして今年既に終了しているダカールラリーやNASCAR SprintCup 2015年シリーズのチャンピオンマシンなどが用意され、多くのプロドラーバーやレース関係者が集まった。

カンファレンスでは、トヨタ自動車の伊勢清貴専務、嵯峨宏英専務(上写真の右)、ドイツを拠点とするTMG(トヨタモータースポーツGmbH)の佐藤俊男社長(同左)、そしてWRCでトヨタを率いるトミ・マキネンチーム代表(同中央)から、2016年にかける熱い思いが語られた。また体調不良のため欠席したトヨタ自動車の豊田章男社長からのメッセージも伝えられた。

一貫して訴えていたのは、「トヨタがモータースポーツにチャレンジするのは、もっといいクルマづくりのため。」ということ。そして、参加型のレース開催にも積極的なのは「より多くのユーザーにクルマの楽しさを味わって欲しい」という思いからだということ。世界中から熱い視線が注がれるジャパニーズ・ブランド、トヨタの積極的なモータースポーツ活動が、日本の、そして世界のクルマカルチャーを元気にしてくれるに違いない。

各カテゴリーのマシンとドライバー/上から、WEC(世界耐久選手権)に参戦するTS050ハイブリッドと小林可夢偉・中嶋一貴/ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するレクサスRCと影山正彦、佐藤久美、木下隆之ら/ラリーチャレンジプログラムのオーディションで選出された勝田貴元、新井大輝。

上から:スーパーGTのレクサスRC Fと各チームのドライバー/スーパーフォーミュラマシンとドライバー(小林可夢偉、中嶋一貴ら)。

上は2016年のダカールラリーで市販車部門に参戦したランドクルーザー。1位を獲得したドライバーのニコラ・ジボン、5位の三浦昴ら。
下は2015年のNASCAR SprintCupシリーズチャンピオン、カイル・ブッシュがドライブしたカムリ。

映像やメッセージでの登場となったトヨタ自動車の豊田章男社長と、開発中のヤリスWRCカー。

photo&text: Gao Nishikawa

Related article

関連記事