マツダブランドの発信・体感拠点として一新した「関東マツダ・目黒碑文谷店」に潜入!

マツダの主力販売網である関東マツダが2015年1月3日、東京・目黒区の目黒碑文谷店をリニューアルオープンする。
その全貌を、開店に先駆けご紹介する。

クリーンディーゼルに代表される独自の環境技術「スカイアクティブ」、デザインテーマ「鼓動ーSoul of Motion」によるダイナミックなスタイリング、そしてCMで流れる"Be a driver."のキャッチコピーが好印象なコミュニケーションにより、多くの注目を集めているマツダ。

同社が、ユーザーとのコミュニケーションにおける最前線であるディーラーのあり方に、新機軸を打ち出した。

東京の幹線道路のひとつ、目黒区を東西に走る目黒通りにリニューアルオープンする関東マツダ・目黒碑文谷店。ここを『都心におけるマツダブランドの発信・体感拠点』と位置づけ、メーカーであるマツダ株式会社との密接な連携による新世代店舗として、販売のみならずブランドの訴求にも重点を置いてデザインしたという。

マツダ・デザイン本部監修のもと、世界的に活躍する建築家・谷尻誠氏が設計したという店舗は、ホテルやレストランとしても充分に通用する、シックで高級感溢れる雰囲気。

外観・インテリアとも、「赤いクルマが栄えるように」という配慮から黒を基調としているが、壁面や天井、そして家具に至るまで、随所に木材が配され、温かみのある空間になっている。

あえて一階をショールームとせず、車両展示を二階に集約。ガラスに沿ってクルマを並べ、動きのあるディスプレイとしている。写真は日中の様子だが、夜間、照明に照らし出されクルマが浮かび上がって見える様は非常に美しい。

一階には「ブランドガレージ」と名付けられた、クルマ好きなら誰でもが憧れるであろう空間が設けられており、『クルマという「モノ」を提供するだけでなく、ここから様々な「こと」を提案していくのだ』というマツダの気概を体現する空間に仕上がっていた。

コンセプトスペースである「ブランドガレージ」は納車式にも活用、地下の広々としたサービスファクトリーにはグリーンエリアが設けられており「スタッフに快適な職場環境を提供する目的だけでなく、お客様にご覧頂いても恥ずかしくない、むしろ、愛車をここで整備して欲しいと思って頂ける場所として設計した。」という。

国産車、それも高級車中心ではなく、コンパクトカーから取り扱っているディーラーで、ここまでのプレゼンテーションを行うというマツダの姿勢に感銘を受けた。

photo&text: Gao Nishikawa

店舗情報:
関東マツダ 目黒碑文谷店
東京都目黒区碑文谷5-14-22
営業日・時間:2015年1月3日(土曜日)~/10時~19時
定休日:火曜日
電話:03-3714-0101
http://www.mazda.co.jp

Related article

関連記事