ロケーション抜群!港街ヨコハマのオートバイ用品専門店『新山下2りんかん』 小松和彦店長に聞く

中華街や山下公園、本牧、みなとみらい地区からも至近という恵まれたロケーション、横浜の魅力溢れるエリアの一角にあり、アクセスの良さも自慢。オートバイ用品専門店『新山下2りんかん』を訪ね、店長の小松和彦さんにお話しを伺った。

2015年9月にオープン、母体であるイエローハットの新山下店との併設店舗である『新山下2りんかん』。当初はイエローハットの店内奥のスペースで営業していたが、今年2月に改装、正面エントランスから向かって左側のスペースにリニューアルオープンした。

首都高神奈川3号狩場線の新山下ランプ横にあり、ショッピングや観光、ツーリングの途中にも来店しやすい好立地。建物屋上にある広い駐車場にバイクを停めれば、周囲にはベイブリッジやマリンタワー、ランドマークタワーも見渡せるほどの恵まれたロケーションが自慢だ。
店舗は入り口こそ2つにわかれているものの、店内は広いスペースを壁など設けずに2りんかんとイエローハットが隣り合わせで営業している。

『新山下2りんかん』店長の小松和彦さんにお話しを伺った。

「イエローハットとの併設店はいくつもありますが、ここは4輪と2輪の用品店がとてもうまく融合、相乗効果が得られていると思います。」店舗面積は2りんかんだけで220坪、ピットも2りんかん最大級のスペースを誇る。
「同じ敷地内には、ユーメディアさんが運営するハーレーダビッドソンとトライアンフの正規販売店もありますし、当店も輸入車オーナーのお客様を意識、ファッションの一部としてバイクと付き合っているオトナのライダーにも喜んで頂ける、カジュアルテイストのウェア、雑貨なども他店舗より多くご用意しています。」

小松さんは『敷居の低さ』を意識して店づくりをしているとも。
「バイク初心者でも気負わずにご来店頂き、お買い物を楽しんで頂きたい。具体的には普及価格帯の商品の品揃えに注力しています。店頭には200種類以上のヘルメットや、マフラーもミニ4からビッグバイク用まで300本以上を常時在庫と、県下最大級のボリューム。ウェアも豊富に取り揃えています。」
福岡・札幌2りんかんに次ぐ、3店舗目の『TAX FREEの免税店』として海外からのゲストにも配慮している。
「僕も一人のバイク乗り。バイク好きのスタッフはもちろん、来店されるお客様は言わばバイク仲間です。つまりここは仲間たちとともに楽しく豊かなバイクライフを育む場所だと思うのです。スタッフ一同、バイクに乗ることを趣味としている方、初心者やバイクに興味があるという方も、気軽にご来店頂ける、バイクについてのさまざまなことをご相談頂けるお店でありたいと思っています。」と、バイク好きに嬉しい、そして心強いコメントを頂いた。

新山下2りんかん店長・小松和彦さん
神奈川県・厚木市出身。バイク歴28年。新卒で入社以来オートバイ用品専門店一筋。地元でもある厚木の店舗をはじめ、座間、溝ノ口、小田原、府中で店長も歴任。走り屋ではないが、過去に所有したのはほとんど2ストロークエンジン搭載車。現在の愛車はレースの映像や写真で憧れた500Γ。「僕にとってバイクとは、いつも傍らにいて欲しい大切な恋人のような存在です。」

オートバイ用品専門店
新山下2りんかん
神奈川県横浜市中区新山下1-17-39
営業時間:10:00〜20:00
TEL: 045-628-2681

photo&text: Gao Nishikawa
取材協力:ライダーズスタンド2りんかん 
http://driverstand.com

Related article

関連記事