オートバイ用品専門店『2りんかん』相模原2りんかんを訪ねる。

ホームセンター『コーナン』を中核にしたショッピングモールに、16年10月オープンしたのが『相模原2りんかん』だ。同店の初代店長、今田健司さんにお話を伺った。

「東名横浜と中央八王子、2つのインターのほぼ中間に位置し、国道16号線に面しています。近隣に数多くのツーリングスポットがあり、その往復に利用して頂くにも便利です。」と同店のアウトラインを説明してくれた今田さん。
 そして何よりもユニークなのは、『相模原2りんかん』がショッピングモールに出店しているという点。2りんかんでも初めての形態なのだ。

 地域で最大規模の面積と品揃えを誇る同店では、2りんかんの基本的な品揃えを網羅しながら、タイヤやチューニング&カスタムパーツ、ウェアの品揃えを充実させ、ヘルメットフィッティングなどのサービスにも力を入れている。
 そして店舗の隣にはバイク販売店『SOX』が出店している。「相模原2りんかんは、大人のライダーのバイクライフをトータルでサポートできる拠点なのです。」

クルマの駐車は、モールの広大なパーキングを利用でき、入店している建物に隣接して屋根付きのバイク駐輪スペースも用意されている。もちろん店舗の一階スペースにはピットも完備。「整備、修理、車検からカスタム、チューニングまで、何でもお任せ下さい。キャブとインジェクション、どちらのセッティングも得意です。」と胸を張る今田さんには、意外な一面も。「実は以前、靴づくりの勉強をしていたもので、ライディングシューズ選びのお手伝いも得意なのです。バイク乗りにもっとシューズの大切さも知って頂きたいと思っています。」

「まだスタートしたばかりのお店ですが、立地、アクセスは申し分ない。もっと認知を高めて、たくさんのお客様にお越し頂けるように、工夫していきたいと思います。」と今田さん。
 そして来店されたユーザーに対しては、自分たちはセレクトショップのスタッフと同じだと話す。
「いつも『自分がユーザーなら』という前提での接客を心がけています。そして、『失敗しないお買い物のお手伝いを、プライドを持ってさせて頂こう』と、いつもスタッフと話しあっているのです。」

相模原2りんかん店長、今田健司さん
根っからのバイク好きで、これまでロードレース、エンデューロからトライアルまで経験してきた、言わば競技志向のライダー。またエンジンやキャブのセッティング、チューニングも得意で、時には自らもピット作業に従事するという。「お客様にバイクライフを楽しんで頂くためのお手伝いを、商品とサービス、情報で支えたい。そんなふうに考えています。」

相模原2りんかん
神奈川県相模原市中央区小山3-37-1号
コーナン相模原小山モール2F
営業時間 10:00-21:00
042-700-0890

Related article

関連記事