オートバイ用品専門店『2りんかん』246溝口2りんかん店長、金子晃弘さんに聞く。

多摩川にほど近い川崎市の国道246に面し、市内や横浜市の他、東京からのアクセスも良好な『246溝口2りんかん』。『ドラーバースタンド』と『2りんかん』で、20年以上に渡りバイク用品業界の変遷を目の当たりにしてきた、店長の金子晃弘さんを訪ね、お話しを伺った。

「若い頃は、RZ50で近隣のワインディングに出かけていました。サーフィンに夢中で、国産のバンやワゴンを自分でカスタムして乗り回していた時期もあります。地元である東京・立川に近い東大和に当時あったドライバースタンドによく通っていました。大好きなお店で働けたら、ピットでクルマいじりができたら幸せだなあ、そんな単純な思いでこの会社を受けました。」
入社後は一貫して店舗の担当、そしてキャリアのほとんどは2輪専門だった。多摩エリアの3つのドライバースタンドに勤務後、つくし野、多摩、府中2りんかんで副店長や店長を歴任。
「仕事はピットや四輪ではなかったけれど、その時々を楽しんでいましたね。お客様とのふれあいもとても楽しいし、不満はなかったです。カスタムや修理のご相談を通して、長いおつきあいのお客様もたくさんいらっしゃいます。」
自身が再びバイクに乗り始めたのは30歳を過ぎてから。「若い頃とは違い、ヤマハ・ブロンコでダートをのんびり走るだけで楽しいと思いました。今の愛車はスクーターだけなので、近々WRとかセローを手に入れて、河原なんかをのんびり走りたいですね!」

神奈川県川崎市にある『246溝口2りんかん』は、冒頭にもあるように、世田谷区や大田区を中心に、都内在住のライダーも来店。その数はおおよそ4割にもなるという。
「そんな土地柄もあり、輸入車にお乗りのお客様が多い。ですから、あらゆる車種やニーズに対応できるように努力しています。」
スタッフにもハーレーやドゥカティ乗りがおり、ピットスタッフも常に最新輸入車のメンテナンスなどについて積極的に情報収集しているという。
「加えて、国産スーパースポーツの雄、スズキ・ハヤブサに特化した品揃えも当店の特徴と言えます。」
馬力測定の出来るパワーチェックマシンも導入、コアなカスタム、チューニングにも対応が可能だ。
来店されるお客様の趣向を考えて、ヘルメットやウェアなどソフトの充実にも注力しているそう。
ヘルメットに関しては、間もなくアライのプロショップ認定も受けるとのこと。
バッテリーやタイヤ、チェーン、プラグなど消耗品も充実させ、ライダーのニーズに素早くお応えできるよう心がけているという。
車検、修理の受付け台数実績が全店でトップクラスというのも頷ける。
「注目の新型車を数多く揃えるレンタルバイクも好調です。当店では、クルマで来店・駐車されてレンタルバイクで出かけることが可能、広い駐車スペースが強みになっています。」

マンションなどに居住するライダーの『洗車する場所がない!』という悩みを知り、金子さん発案で他店に先駆け設置されたセルフ洗車スペースは、週末に予約待ちが出るほどの人気で、洗車用品の売り上げ増にも貢献している。
他にも、すり減ったタイヤに水をかけて、その危険性をビジュアルでアピールするディスプレイ、走らなくてもメッシュジャケットの通気性が体感できる送風機の設置など、金子さんの創意工夫をお店のあちこちで見ることができる。
取材当日は、中学生が職場体験研修に訪れていた。
「地元の学校からの相談で、数年前から始めました。現在時期をずらして2校から生徒を受け入れています。」
研修に来る子供たちはほとんどバイクを知らないのだという。
「でも跨がらせてあげただけで、とても嬉しそうな笑顔になるのです。そんなキッカケからバイクに興味を持ってくれれば嬉しいですね。」

30歳代後半~50歳代、そしてリターンライダーが多いのが近年の傾向。
「その年代のこだわりをもったお客様に何をご提案したらいいのかを、常に考えています。話題になることが多い安全性や機能性重視の商品も意識してご用意しています。ストリートバイク、ビッグスクーターのブーム以降、これという大きな流行が生まれていない気がしますが、増え続けている輸入車への対応など、お客様との会話からニーズをくみ取りながら、スタッフとともに楽しくて役に立つお店づくりをしていきたいと思います。」

246溝口2りんかん店長、金子晃弘さん
東京都立川市出身。小学校から高校までサッカー少年、現在もシニアサッカーに夢中。その影響で息子さんも地元のクラブチームで活躍中とのこと。
昔からクルマ・バイクも大好きだった。今一番欲しいバイクはヤマハのWR。「でも他のスタッフほどコアじゃないし、僕には速すぎて危ないかなあ。」とシャイな笑顔を見せた。


オートバイ用品専門店
246溝口2りんかん
通常営業時間 10:30-20:00
電話番号 044-829-6530
所在地 神奈川県川崎市高津区溝口5-16-10

photo&text: Gao Nishikawa
取材協力:ライダーズスタンド2りんかん 
http://driverstand.com

Related article

関連記事