憧れのアウトバックに乗った。SUBARU LEGACY OUTBACK

かつてモーターショーの会場で、傾斜台の上の堂々とした姿に心ときめいた。アウトバックのイメージは、タフでありながら上品、「オトナのアクティブ・スポーティ」。そんなアウトバックの最新型に乗った。

ワタシはSUVタイプのクルマが好き。でも、大きいのは乗りこなせない。
雪山でよく見かけて、気になったレガシー。ちょうどいいサイズ感と、ワゴンなのにスポーティなルックスが気に入り、その後、初の愛車としてレガシーのツーリングワゴン(BH型)をチョイスした。(実はアウトバックを知ったのは購入後)
イメージ先行で選んだのだけれど「フルタイム4WDで、ポルシェと同じ水平対向エンジン、渋い選択だね」とよく褒められ、鼻が高かった。
でも10年以上も乗り続けたいちばんの理由は、安心感が高かったからかな。


今回試乗した憧れのアウトバックは、現行型のリミッテッド。
ずいぶん大きくなったけれど、運転してみると「あ、普通に乗れる!」と思った。
アクセルを踏むとスルスルと快適に加速。まわりのクルマに接近したり、車線をはみ出してしまった時の警告音にもすぐに慣れ、スバルの安全技術(運転支援システム・アイサイト)に見守られていることを実感。快適に安全に、楽しくドライブできるって素晴らしい。
家族みんなの荷物を積んでキャンプへ、アウトバックは、そんな場面にもピッタリ。
最近インドアなワタシの旅心が疼く。運転席で思わず、「このまま、どこかに連れて行って~!」と独り言。

スバル・レガシーアウトバックのリミテッド。見た目はタフでスタイリッシュ。

リミテッドは、硬めの乗り心地だけど、ボディがガッチリしているのがわかり、安心感が高い。アイサイトの存在による「見守られてる感」も高ポイント。レザーシートはとっても座り心地がよく、運転しやすい。

ということでその後、今度は赤(ヴェネチアンレッド・パール)のアウトバックでロングドライブに行きました!
春休み、草津や軽井沢を中心に500キロほどを走り回ってきました。
リミテッドは硬めのサスペンションと60扁平タイヤで、ちょっとスポーツカーみたいでしたが、今回一緒に旅をしたスタンダードなアウトバックは、乗りやすさはそのままに、65タイヤとマイルドなサスペンション・セッティングで一段と大人っぽい乗り心地。
雨のドライブも、まさに快適と安全を味方につけて、楽しむことが出来ました!

スタンダードなアウトバックでロングドライブ。マイルドな足回りで大人っぽい乗り心地。雨でも快適ドライブ!

草津から軽井沢をまわり、温泉と美味しいものを堪能!

reporter: nao  
本誌クッキングページ担当。普通自動車、大型自動二輪、ダイビングのライセンスを所有する主婦。今年はキャンプを中心にアウトドア活動を活発化させようと画策中。

photo: Kazumasa Yamaoka, Gao Nishikawa

text: nao

special thanks: 富士重工業株式会社(www.subaru.jp

Related article

関連記事